2007年10月24日

1-2)リフォームの必要性

1-1)でリフォームの種類について述べましたが、見かたを変えるともう一つの重要な視点で分けられます。

それは、

a)しなければならない、もしくはした方が良いリフォーム

b)できればしたい、でもしなくても取りあえず支障の無いリフォーム
の二つです。


例えば

・外壁のサイディングが著しく破損した場合、
・給湯器が故障し、稼動しなくなった場合、

これらは、雨水が進入し内部の断熱、軸組まで損傷してしまう、
湯が使えなくなり洗面、入浴に支障が出る、

などの理由で緊急の対応が必要になりますので、当然a)のしなければならないリフォームになります。
又、
・クロスが汚れたので張り替えたい、
・キッチンが古くなったので取り替えたい、

などは、仮にそれらを実行しなくても、緊急にどうこうするものではありませんので、b)に当たります。



あなたが検討されているリフォームの種類がどんなものなのか、これをしっかり把握する事は、これからリフォームを進めていく上で、特に金銭的な面で重要な位置を占める事になります。

リフォームを思い立ったならば、是非この事を良く理解し、悔いの残らないリフォームとなるよう、このサイトを参考にして下さい。
【関連する記事】
posted by reform guide at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) |   1)リフォームの必要性の認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。