2007年10月25日

2-1)メモを取る

あなたのリフォームの種類をしっかりと把握したなら、次にその内容の検討に入ります。

ここでまず初めに意識することがあります。
それは、この後全ての事に関して、

メモを取る

という事です。

これは、これからの内容の検討や、その後の業者との打ち合わせ、要望の伝達、ちょっとした思い付き、など全てにおいてメモを取る癖を付けて下さい。

そうすることによって、頭の中のイメージが具現化されたり、重要なポイントを後から思い起こしたりする時に助けになりますし、良く言われる、業者との「言った、言ってない」のトラブルを防止する事ができるようになります。

できれば専用のメモ用紙などを利用して書き溜めていけば、必ず役立つ事になるでしょう。
【関連する記事】
posted by reform guide at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) |   2)内容の検討・情報収集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。