2008年04月01日

改正建築基準法の影響は

<国土交通省が31日に発表した2月の新設住宅着工戸数は、前年同月と比べて5・0%減の8万2962戸と8か月連続で減少した。
 しかし、減少率は5か月連続で縮小し、国交省は「改正建築基準法施行後の混乱の影響はかなり解消されてきた」との認識を示した。
(2008年4月1日 読売新聞)>

人気ブログランキングへ


なんとのんきなものだ国交省は。

天下の悪法と言われる「改正建築基準法」が及ぼしてきた影響をどう考えているのだろう。

たしかにお役人には元々影響など無いのだから、所詮他人事。

いくら言っても無駄なんだろうけど、お役人共には改めて猛省を願いたい。

人気ブログランキングへ
posted by reform guide at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼最新ニュースについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。