2007年10月15日

5-)三社見積もり

見積もりは最低3社から徴収するのもの。でもそれだけで良いのでしょうか?


 何をするにも施工業者をどこにするかはたいへん悩むところだと思います。

改修・増築の場合などは、新築の施工業者・ハウスメーカーがいるわけですから、それが信頼できるのであればその後のアフター等を考慮し、そのまま御願いするのが良いともいえます。
ただ、信頼関係を無くしていたり、その業者・メーカーが改修工事等に対応していない場合などは、いやでも他の業者を探さなくてはなりません。

そこで難しいのが業者選びですが、けっして「間違いだらけの業者選び」になってはいけません。

ちょっとした改修工事でも何十万にもなりますから、より良い業者を選ぶことはとても重要なことです。
特に信頼できる業者がないのであれば、やはり多くの業者から見積もりは取った方が良いでしょう。
(見積もりはただですから。)


新築工事にしろ改修・増築工事にしろ、一般的によく言われるのが、施工業者を選ぶ際には、最低でも3社以上から見積もりを取ったほうが良いということです。
そこでポイントとなる点は、

・改修、増築工事の内容(施工範囲、時期等)がはっきりしているか
・予算はどのくらいか
・一番のポイントとなる点(譲れない事項)は何か

      
これらを決めた上で、口コミや広告・インターネット等のメディアで良く調べて見積もり依頼すると良いでしょう。

 いざ見積もりが集まったら、ここからが肝心です。例えば3社から見積もりを取ったとして、それをどう判断し、業者を絞っていくか。単純に一番安い見積もり書を提示したところに決めますか。

たいていの場合、見積もりを徴収したものの、金額に結構差があって戸惑うのではないでしょうか。
これは見積もりを取る際のポイントとなる、「工事内容をきちんと決めているか」ということに大きく影響されるのですが、計画ができるだけ細かく、仕様等がはっきりしていればしている程、金額の差は少なくなります。

ただ改修工事では、あらかじめ細部にわたって取り決めておくことは、かなり大変なことですし、仮にそれがしっかりしていても金額差は出てきます。

それは一言で言うと、業者によって見積もり方がまちまちだからです。見積もりをそろえて比較検討表を作成してみるとすぐ解るのですが、A社で計上している項目がB社で無かったり、B社とC社で施工方法が違っている為に大きな金額差が有ったり、又、経費の見方が全く異なっていたりというのも良く有ります。

ですからA社が他社に比べて安かったとしても、そもそも必要な金額を計上していないというのに、いざ工事が始まってから追加工事費という名目で少なからず請求されることになりかねません。


 とにかく見積もり書を見比べるというのは簡単なことではありませんので、それなりの知識を得ることは必要です。それが適正な価格で最良の工事を行う基本です。
posted by reform guide at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) |   5)見積もり徴収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

ご相談は

ご意見・ご質問等は各カテゴリへコメントを入れて下さい。

又、下記へもお気軽にご連絡下さい。

ご相談・ご質問 :ご意見・ご質問等はこちらまでご連絡お願いします。
posted by reform guide at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼ご相談メールあて先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まず疑ってみる事が大事です

家を買うという事はおそらく一生の中で一番高い買物であると思います。
その時、あなたはその金額について深く考えた事があるでしょうか。

ほとんどの人が提示された金額が妥当であると思い込み、その金額ありきで購入を検討されているのではないでしょうか。

「その金額、すべてを信用してはいけませんよ!」


買う時ばかりじゃありません。もちろんリフォームもそう。
ちょっとした修理なんかもそうですよ。
坪○○万円とか、しめて○○千万円になります、とかそういった金額、あまり信用しないで下さいね。

建築側の自分が言うことじゃないのかもしれませんが、又、関係各所から非難されそうですけど、

「信用しないで下さい!」

ご自分で判断できない場合は、必ず、利害関係の無い、第三者に関わって貰うことが大事です。


本来、新築にしろリフォームにしろ、一つ一つの物にその単価を乗じてそれを積み重ね、その合計金額でその工事価格が決まるのです。

それが最初から頭金額ありきで、後から中身が付いてくる、といった
見積もりが、長年当たり前に行われてきました。
今はそれも少ない、とは思いたいですけど。


ですから住宅広告の 【坪40万の家】 なんていうのは全くと言っていいほど、意味がありません。
その40万ってどこからきたのさってな話しです。

40万の中身は?となった時、そのメーカー、工務店、業者etcなどで
バラバラです。
広告の片隅に小さく、

カーテン・カーテンレールを除く、外構工事・屋外設備工事等一切含まず

とかいろんなこと、たくさん書いてあるはずです。
中には「そんなの外していいのか」って思うものもありますよ。

【坪40万の家】が最終的に 坪40万 でできた、という話しを
ほとんど聞いたことがありません。


それに何といっても問題なのは、耐震偽装に代表される構造落とし。
予算オーバー対策として、見た目のクロス仕様を安い物に、というの
であればなんら問題はありませんが、鉄筋を抜かれたり、コンクリー
ト強度を落とされたり、柱や梁が不十分だったり、基礎が緩んでいた
り、となるとそれこそシャレになりません。


検査が厳しくなれば、その抜け道を探るのが巧妙になるのは当然のことと考えましょう。

くれぐれも”自分の目”で見て判断して、又、”自分の目”を養う努力を怠らないで下さいね。
posted by reform guide at 14:42| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼リフォームの適正価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

はじめに

あなたのリフォームの疑問は何でしょうか。

どんな内容?
値段はいくら?
その値段は正しいの?
どこに頼めばいい?
本当に必要なの?
工事期間は?
支払は?
工事中の生活は?
問題が出てきたら?
どんな流れで進んでいくの?

など等、人それぞれにあるでしょう。

このサイトはそれらの疑問を、管理者でもあり一級建築士でもある私kazuが、あなたと一緒に解決していくサイトです。
ラベル:リフォーム
posted by reform guide at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。